コンピューターのメモリ

「メモリー」はコンピュータを構成する資源の1つであり、物理的には半導体素子から構成されています。「メモリー」は機械動作が発生しません。磁気ヘッドの移動や磁気ディスクの回転などが生じるHDDとは異なります。そのため、ことさら高速なデータアクセスがHDDと比べると可能なのです。「ダイナミックRAM(DRAM)」と呼ばれる種類のものが現在主流のメモリーのようです。「揮発性メモリー」とも呼ばれており、電源供給が無くなるとデータが消えるといった特性を持っています。反対に「不揮発性メモリー」と呼ばれているものもあります。この「不揮発性メモリー」の代表となるのが「フラッシュメモリー」です。「フラッシュメモリー」はスマートフォンのデータ保存やSDカードに使用されており、電源供給が無くなったとしてもデータが消えません。「フラッシュメモリー」と「ダイナミックRAM(DRAM)」は不揮発性と揮発性の違いだけでなく容量面や速度などで大きく異なります。容量のわりに高価だと言われることもありますが「ダイナミックRAM(DRAM)」は高速なためメインメモリーに適しています。メモリーに格納されていたデータサーバーの電源が落とされると消えます。HDDなどの記憶装置にデータを格納することで電源が無くともデータを永続化する(保存する)ことが可能です。このため、「フラッシュメモリー」はHDDと同様に記憶装置として「ダイナミックRAM(DRAM)」はサーバーのメインメモリーとして使い分けられています。また、この「ダイナミックRAM(DRAM)」に近いアクセス速度を持ちながら「ダイナミックRAM(DRAM)」の欠点を補う技術が最近登場してきました。それが「次世代不揮発性メモリー」です。この「次世代不揮発性メモリー」は「ダイナミックRAM(DRAM)」に近いアクセス速度を持ちながら「不揮発性メモリー」であるため、「フラッシュメモリー」と「ダイナミックRAM(DRAM)」間にある大きな性能のギャップを埋める技術として期待されています。