インターシップを工夫してみる

企業の人事は、インターンシップの環境を色々と改善していかなければならないのですが、学生を惹き付けるものが何であるのかが分かっていないように思われます。今後変容する可能性はあるものの、現時点では生産性のないイベントであり続けています。 学生はインターンシップが事実上の就職活動であることを理解しているため、緊張して参加しています。特に真面目な学生はミスをしないように細心の注意を払っています。大企業が創り出した慣習に参加するために、学生がこのような精神的圧迫を受けるのは決して望ましくありません。大企業に慣習を変える力が無いのであれば、中小企業が変えても良いのではないでしょうか。中小企業が独自のインターンシップを開催すれば、その魅力に惹き付けられた学生に会社の存在を知ってもらえるはずです。