若者の職場選び

生涯、仕事をもつ事は望ましい事ですが、家庭を犠牲にたような働き方は、本末転倒となってしまいます。最近、サービス残業や、長時間労働の削減政策によって、NO残業DAYなどの、社内ルールを設ける企業側の取り組みが明るみになってきています。ところが、職場で仕事ができないのであれば、自宅に仕事を持ち込もうと、仕事を家庭内に持ち込む人々も増えてきていると報告されています。それでは、何の為の、誰の為のNO残業DAYであるのかその意を失ってしまう事となります。まずは、社内の労働者の意識改革が必要なのだと述べる有識者たちの中には、先に待ち構える日本社会の少子高齢化問題を前に、企業対策の愚鈍性を指摘する人々もいます。まずは、少子高齢化問題に対する、日本国内での労働者不足に関して、国民全体が抱える近い将来の問題であるという事への問題提起する必要があります。労働者全体へのそのような意識の植え付けが必要だと語る、キャリアコンサルタントのKさんは、転職の為に人材紹介所を訪れる若者と面談する日々に、彼らの仕事へのモチベーションの低さを危惧しています。